医療法人の行政対応をフルサポート

行政書士ニコラ事務所は医療法務のエキスパートです

・医療法人の設立認可申請

・医療法人の定款変更手続き

・医療法人の決算届(事業報告書)作成

「医療法人設立認可申請」

まずは医療法人設立のメリット・デメリットをよく理解し検討する必要があります。

メリットとして事業の拡大性、事業承継対策、税金対策があげられますが、行政への提出書類や事務処理が増えて煩雑になるなどのデメリットもあります。

そして設立申請を行うためには、都道府県の提示するするスケジュールに合わせて計画的に手続の準備を進めなくてはなりません。
日々の多忙な業務をこなしつつ、手間のかかる設立手続きをすすめるのはとても大変です。

お困りの際は是非一度幣所まで、お気軽にお問い合わせください。

料金
医療法人認可申請 500,000円〜
設立後の手続きもセットの場合 600,000円〜

※ 法人登記における司法書士への報酬も含まれています。
※ その他、印鑑証明や銀行残高証明について、実費の手数料が必要です。
※ 法人の実印やゴム印を作る場合、その費用も必要です。

「医療法人の定款変更手続き」

診療所・病院の新規開設(分院)、診療所・病院の移転、運営する診療所の廃止、定款の記載内容を変更するなどの場合、管轄の都道府県に変更申請を行って定款変更認可を受けなくてはなりません。

医療法人自体の設立と同じく、こちらも大変手間のかかる手続きです。

お困りの際は是非一度幣所まで、お気軽にお問い合わせください。

料金
定款変更手続き 400,000円〜

「医療法人の決算届(事業報告書)各種変更届作成」

医療法人は、年に一度、主務官庁に対して必ず「決算届(事業報告)」を提出しなくてはなりません。
決算の日から3か月以内に行わなければならず、それ以外にも隔年で役員変更手続きが必要です。
決算届(事業報告)は都道府県で誰でも閲覧できる状態に置かれますので、しっかりと作成することが必要です。

お困りの際は是非一度幣所まで、お気軽にお問い合わせください。

料金
事業報告手続き 35,000円〜
各種変更届 20,000円〜

当事務所へのお問い合わせ

料金は難易度によってかなり異なります。
お話を伺ってから、お見積りいたします。
まずは電話(090-9648-2195)、メールまたはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る